レッドハニー

[完売]限定豆 コスタリカ ラ・ロサ農園 ビジャサルチ種 レッドハニー精製

1月は大人気のハニーコーヒー「コスタリカ レッドハニー」が入荷しております!

まろやかな飲み口にフルーティーな風味とコク・甘味のバランスが良いです。
果実の甘みをお楽しみください。

[ハニープロセスとは?]
果実と種の間にあるミューシレージ(ぬめり)のみを残したまま乾燥させることで、ミューシレージの甘味が豆に移り、ウォッシュドでは得られにくい甘味をもったコーヒーになります。
(ウォッシュド・・・水洗いで果肉・ぬめりを取る精製方法)

今回の限定豆は「レッドハニー」ですが、ブラック、イエロー、ホワイトとあり、
ブラックハニー:表皮だけ除去し、果肉をほぼそのまま残す
レッドハニー:果肉を25%ほど除去
イエローハニー:果肉を50%ほど除去
ホワイトハニー:果肉を90%以上除去
となっています。

明確な数値の規定はないため、おおよそのようですが。

ハニープロセスは、乾燥工程において豆が腐敗しやすいため、手間がかかる精製方法です。
マイクロロットですので、この機会にぜひお試しください。

産地:コスタリカ セロアルトミル ラ・ロサ農園
¥1,500(200g)

[完売]レッドハニー入荷です!

期間限定で新しいお豆入荷しました!

「コスタリカ ファラミ農園 カツアイ種 レッドハニー精製」

まろやかな飲み口にチェリーやベリー系の風味とコクがあり、後味に鼻に抜けるほのかな甘味を感じられます。

おすすめはシティロースト(中深煎り)です。

2013年以降、一切除草剤を使用しておらず、土地は健康そのもの。
有機肥料で、より健康的な土壌づくりが実施されている農園です。

「ハニーコーヒーについて」
収穫されたコーヒーチェリーを果実除去した後、ミューシレージ(果肉と種の間にある粘質(ぬめり)の部分)を残したまま乾燥工程に入ります。
(この工程で多いのは、ウォッシュドと言い水洗いでぬめりを取ります)
そのまま乾燥することで、ミューシレージの甘味が豆に移り、ウォッシュドでは得られにくい甘味をボディをもったコーヒーになります。

果実由来の甘みがほんとうに美味しいです〜!
この機会にぜひお試しください。

生豆に乾燥したミューシレージが付いています
コスタリカ ファラミ農園 カツアイ種 レッドハニー精製 200g 1,600yen