ホワイトハニー

[完売]限定豆 コスタリカ ドンマヨ ラ ロマ農園 ホワイトハニー

数量限定のスペシャルティコーヒー入荷しました!
2020年 COE カップオブエクセレンス優勝農園「コスタリカ ドンマヨ ラ ロマ農園」のホワイトハニーです。

しっかりめのボディでありながら、なめらかな飲み口に柑橘系の香りがあります。
やさしい酸味を感じつつ、後口はハニーコーヒー特有の甘味を感じていただけます。


おすすめはシティローストですが、フルシティでもより強く甘味を感じていただけます。

この機会にぜひお試しください。

産地:タラスエリア
品種:カトゥアイ
精製:ホワイトハニー

[ハニーコーヒーとは?]
果実と種の間にあるミューシレージ(ぬめり)のみを残したまま乾燥させることで、ミューシレージの甘味が豆に移り、ウォッシュドでは得られにくい甘味をもったコーヒーになります。
(ウォッシュド・・・水洗いで果肉・ぬめりを取る精製方法)

今回の限定豆は「ホワイトハニー」ですが、ブラック、レッド、イエローとあり、
ブラックハニー:表皮だけ除去し、果肉をほぼそのまま残す
レッドハニー:果肉を25%ほど除去
イエローハニー:果肉を50%ほど除去
ホワイトハニー:果肉を90%以上除去
となっています。

[完売]限定豆 コスタリカ グラナディージャ ホワイトハニー

「コスタリカ グラナディージャ ホワイトハニー」が入荷しました。
限定90袋です!

とてもクリアな飲み口で、
軽やかな果実感の中、甘味があり、後口まで残ります。

おすすめはシティローストですが、ミディアム〜ハイローストでも!
浅煎りの方が果実感が出ますので、お好きな方はチャレンジしてみてください。

ホワイトハニー
果肉と種の間にあるミューシレージ(ぬめり)をわずかに残し、乾燥工程を行う精製方法です。
ホワイトハニーと呼ばれるのは、大体10%ほどミューシレージを残したものです。

よって、スッキリとした甘みが生まれます。

このお豆は、栽培から水洗処理、乾燥に至るまで、農園主のカルデロン一家の手でおこなわれており、きめ細やかな作業が徹底されています。
2011年にはカップオブエクセレンス優勝のコーヒーも生まれています。

産地:タラスエリア グラナディージャ農園
品種:カツアイ